スポンサーリンク

【リニューアル!】子育てが辛いママが楽しくもっと気楽に育児ができるヒントになるブログへ生まれ変わります。

こんにちは、心理カウンセラーで1児のママでもある加藤ユウコです。

「子育てが辛い」から抜け出す方法は「私が私の一番の味方でいること」です。
世間と育児に関する考え方や方法が違っても、私が私の味方でいてあげる事が大切です。

もう一つ「どんな状況の私でも全部を許して認めてあげること」です。
ママは子供との関わりの中でつい自分を責めてしまうことが多いと思います。
もし目の前に大切な人が自分を責めていたら、「あなたは悪くないよ。一生懸命頑張ったね。」と声をかけて上げるように、自分の心の声に耳を澄ませて寄り添ってあげることが重要です。


私がなぜこう思うのか説明をすると私自身が育児中に何度も
「こんなママではダメだ」と自分を責め
「何でもっとこう出来ないの?」と自分を攻撃し
「こんな自分が嫌だ」と自己嫌悪に陥ることを繰り返し
毎日心はいっぱいいっぱいでした。

しかし根本裕幸先生の元で心理学を学び、この自分を否定し攻撃し自己嫌悪に陥ることが子育てを辛くさせている原因であると気付きました。

自分を「こんなママじゃダメだ!」と「否定」し続けていたら、自分自身がママとしての「頑張り」も「努力」も「成長」さえも見えなくなってしまい認められなくなります。
私の場合は、「何も出来ていないからもっと頑張って良いママにならなきゃ!!」と自分自身を認められず、さらに頑張ろうとしてしまい、心はどんどん追い込まれ全く余裕がありませんでした。


自分を否定していると子供へ向かっている優しさや思いやりに気が付かなくなります。
本来は愛情がベースで行動しているはずなのに、その事さえ見えなくさせます。
なので私は自分の事を「愛情が薄いママ」なんだと思い込み落ち込む日々も多かったです。

こんな自己否定を繰り返してしまう負のサイクルから抜け出す方法が「私が私の一番の味方でいること」「どんな状況の私でも全部許して認めてあげること」これらをまとめて「自己肯定感」と呼びます。

私は心理学を学び始めてから、自己肯定感が高まりました。
つまり自分の頑張りに目を向けられるようになりました。
自分の感情に寄り添い理解し上手く行かなかったとしても「仕方ないよね。」と自分を許せる様になりました。
何か判断する時も育児書や人からのアドバイスに左右されず「自分がしたいのか?したくないのか?」で選ぶ自分軸で決められるようになり随分と肩の力を抜けるようになり育児が楽しくなりました。

きっと世の中には育児が辛くて悩んでいるママがたくさんいると思います。
そんなママさんの特徴は真面目で一生懸命で家族想い。
だから家族を幸せにしたくて悩んでしまうんですよね。


私はまだママとしての経験も浅く初心者マークが付いています。
こんな私が発信して良いのだろうか?
ずっと葛藤していました。
だけど、一生懸命子供のために頑張っているにも関わらず、自分が悪いと思い込んでるママさんが笑顔になれる情報を発信したい。
イヤイヤ期真っ最中の育児をしている私だからこそ、届けられるものがあるかもしれない。
そんな気持ちでママへ向けたブログへと大きく舵を切ることにしました。

ブログのタイトルは、私が心理学で学んだ「自己肯定感をあげることの重要性」を子育て中のママに落とし込み、もっと気楽に楽しく育児ができるヒントや読むだけで自分を肯定できるようなブログになるように願いを込めて「ママの自己肯定感をあげるカウンセリングルーム」と名付けました。

ぜひ育児の息抜きにブログを読みに来て下さいね!
今日も一日ママが穏やかに過ごせますように。
心理ママカウンセラーの加藤ユウコでした。

コメント