スポンサーリンク

そうだ私は助産師hisakoさんのようにママの居場所を作りたかったんだ

育児の辛さはママの自己肯定感の低さが9割。
ママの自己肯定感を高める心理学を発信中。
自分を責めない否定しない優しい世界で育児を。
心理カウンセラーの加藤ユウコです。

実は私がママ専門カウンセラーとして名乗り始めたのは、「コレ!」というキッカケもなく気が付いたら方向転換していた様なイメージでした。

今日ふと私は、ビックリするような大切なことをスッカリ忘れていたことに気が付きました。

それは子沢山助産師として、また助産師Youtuberとして活躍されている「助産師hisako」さんのように、ママの居場所作りや辛い気持ちをサポート出来るようになりたいと思っていた事を。

心理学を学ぶことに必死で、こんな気持ちもスッカリ忘れていたのに、無意識にママ専門カウンセラーの方向へ進んでいた事に驚きました。

hisakoさんの「適当でえぇ!がんばらんでえぇ!」
このキャッチコピーに何度励まされたことか・・・。

hisakoさんは12人子供を産んだ子沢山ママでありながら、助産院をされていて「産後うつ」になりそうなママさんには「何もしなくていいから遊びにおいで!一日ココにいとき!」と居場所にもなっていたそうです。

私自身、産後すごく辛くて夫に「死にたい」と泣きながら訴えた事がある程、とても追い詰められた経験があります。

そんな時に助産師hisakoさんのYoutubeを見ては、私と同じように悩んでいるママのコメントを読んで励まされ、そしてそのお悩みに真摯に応えていらっしゃる姿が心強かった。

そんな活躍ぶりを見て、私もこんな風に産後ママの居場所になれないか?
でも助産師では無いから無理だ・・・そんな風に思っていました。

心理学を学び自己肯定感の高さの重要性はママにとっても大切であると気が付きました。
「自分を責めなくてもいい!否定しなくてもいい!」
自分に優しい世界で育児をすることを提案することでhisakoさんの様にママの居場所を作れるかもしれない。

そうだ、私は助産師hisakoさんの様にママの居場所を作りたかったんだ。

エッセイ
スポンサーリンク
シェアする
加藤ユウコをフォローする
ママのための自己肯定感を高めるカウンセリングルーム

コメント