スポンサーリンク

【ライフワーク】叶えたい夢がある時の心の持ち方【ココロノマルシェ】

本日はココロノマルシェに寄せられた、ライフワークについてのご相談にお答えしています。
※ココロノマルシェとは?以下サイトをご参照ください。

スポンサーリンク

ご相談内容:夢が叶うか、不安。

何度か相談させていただいているものです。
いつもありがとうございます。

今、無職で家にいるのですが、絵を描くという夢があり、叶うあてはないのですが、勉強している状態です。
画塾のような所にも通い、他の受講生が自分より前に進んでいると思うと悔しくてもやもやしたり、尊敬する先生に距離を置かれているような気がして、私には才能がないのかなとか、私の夢に対する態度に問題あるのかなと不安になりつつも、課題がおもしろい時もあり(面白くない課題もあり、ただ、こなすだけで終わってしまうものもあります)、とりあえず、目の前の課題に取り組もうと、不安を抱えながらも、自分の楽しいと思う気持ちを大切にしながら、取り組む日々です。
もういい歳だし、無職だし、腰を据えて頑張らなきゃと思うのですが、どうも昔から、性根を据えられない性質らしく、ぶらぶらしながらも、勉強はやめずに、続けている状態です。
先生方からは、業界の状況は、昔より厳しくなっているとの聞くし、昔より志望者は増えているとのことです。
正直、自分のイラストレーターや画家になるのは、たぶん、難しいんだろうなとどこか思っています。

でも、絵を描くことに、どうしても執着してしまう自分がいて、両親や状況が絵を勉強することを許してくれている今は、絵を追求していきたいなと思っています。
こう書くと問題ないように思うのですが、画塾に通っていて、先生や他の受講生の方と人間関係や画力を比べてしまうことがあるからか、結構、落ち込んだり、もやもやしたり、悔しくて眠れないことなどがあります。
せっかくの状況なので、もう少し楽しく先生や他の受講生の方と接したり、実りある勉強をする心の持ち方はないでしょうか?
そして、できるなら、絵で食べていくという夢をかなえる心の持ち方も教えていただけたら、嬉しいです。

こんにちは、心理カウンセラーの加藤ユウコです。

相談者さんのご相談内容を読み、なんて前向きで向上心があり、夢を叶えるために一生懸命なんだろうと魅力を感じました

夢、叶えましょう!

そのお手伝いをさせて頂きたく、回答を書かせて頂きます。

わたしは以前自営業という形でヘアメイクアップアーティストとして映画業界に携わっていました。
「絵を描く仕事」というのも、ヘアメイクと同じく安定しないお仕事の分類に入るのかな?と思います。
以前のわたしも似たような悩みを抱えていたのでシンパシーを感じながら相談者さんの文章を読みました。

わたしは相談者さんの文章を読み、夢を叶える要素をお持ちだなぁと思いながら読んでいました。

> ぶらぶらしながらも、勉強はやめずに、続けている状態です

この部分が夢を叶える要素をお持ちだと思ったところで
素晴らしい長所ですね!
夢を叶えるための絶対的に必要な要素があります。
それは「継続」すること。

わたしが考える夢の叶え方は「夢は粘り勝ち」だと思っています。
ストイックに突き詰めて嫌になって諦めるのではなく、
継続していればいつか夢は叶うものです。

どれだけ才能があっても諦めてしまえばそこでストップ。
夢は叶えられません。
継続力は大きな強みです!
だから自分に自信を持ってくださいね。

>腰を据えて頑張らなきゃと思うのですが、どうも昔から、性根を据えられない性質らしく

わたしはこの様に捉えました。
「ご自身が継続できるように適度に息を抜きながらご自身に合った方法で継続できる向き合い方を無意識でされているのではないかと。

もしかしたら相談者さんが夢を叶えるためには、もっとしっかりガッツリ勉強に力を入れないと!と思われているとして…

それって必要かな?と思うのです。
自分に合った方法で継続して勉強を続けることの方が大切だと思うからです。

こんなわたしは夢半ばで、ヘアメイクを諦めました。
体を壊したからです。
自分に合わない方法でガムシャラに夢を追った結果
ボロボロの体と心が残りました。
「無理せず、もっと余裕を持たせておけば良かった」
結果、夢を叶えるためには技術力よりもお仕事を貰うために人に好かれる能力よりも
継続できるように自分をコントロールする力が大切と思い知りました。

ずっと勉強を続けられているならば、ご自身のやり方が合っているのでは無いでしょうか?
自信を持って良いと思います!

> 絵を描くことに、どうしても執着してしまう自分がいて、両親や状況が絵を勉強することを許してくれている今は、絵を追求していきたいなと思っています。

執着と言う表現ですが、それだけ絵が好きということ
そんなに好きなことに出会えた相談者さんはラッキーです!
恵まれている環境は、あなたへの追い風です。
存分にその恩恵に感謝して心置きなく好きな勉強をしてくださいね。

ではここからが、お悩みに答える本題へと入っていきましょう。
今相談者さんが悩んでいることは大きく2つ。

  • ①画塾での生活
  • ②夢を追いかけるときの心の持ちかた

では、①の画塾の生活から見ていきましょう。

夢を追うときに陥りやすい「比較と競争の罠」

>他の受講生が自分より前に進んでいると思うと悔しくてもやもやしたり、尊敬する先生に距離を置かれているような気がして
>先生や他の受講生の方と人間関係や画力を比べてしまうことがあるからか、結構、落ち込んだり、もやもやしたり、悔しくて眠れないことなどがあります。

わかります!この気持ち。
わたしだけでなく、きっと生きている人間は誰もが経験している感情でしょう。

もしかしたら相談者さんはご自身に「自信」が無いのではないでしょうか?
心理学では自信が無い時に他人と自分を比べ、競争してしまう「比較と競争の罠」という心理状態があります。

比較とは相手の良いところと自分の悪いところを比べて劣等感を感じ
その逆に自分の良いところと相手の悪いところを比べて優越感を感じ
常に自分を誰かと比べて優劣を争っている状態
常に誰かからの承認を求めている状態

エンドレスで比較するので終わりはありません。

競争とは他人との勝ち負けを争う状況
足の引っ張り合いが起こったり、負けたら終わりというマインドになるので、勝ち続けるしかない世界

だから他人に頼れず、孤立していく傾向があります。

しかし、「競争」の状態は決してネガティブな面だけでなく、ポジティブな面もあります。
それはやる気に繋がる時です。
「〇〇さんはこんなに上手く書けるんだから自分も頑張ろう!」と前向きなパワーを感じさせてくれます。

ただ、誰かと比べ競いつらさを感じていらっしゃるので、この比較と競争の罠の状態を手放すことをお勧めします

どの様に手放すかというと
①自分のことも他人のことも「認める」
②自分の負けを認める
そうすることで競争の舞台から降りることが出来ます。
自己肯定感を高め、自分は夢を叶えられると自分を信頼することを意識してくださいね。

実りある勉強をするための心の持ち方は自分を客観視する力がポイント

>課題がおもしろい時もあり(面白くない課題もあり、ただ、こなすだけで終わってしまうものもあります)
>>私の夢に対する態度に問題あるのかな

相談者は全ての課題を夢中でこなさなければならないと思っていませんか?

面白くない課題があって当然
それは相談者さんの「面白いと思う分野」と「面白みを感じない分野」というただの「情報」です。

それが個性というものです。

面白く感じる課題は時間を忘れて延々とできてしまいませんか?
どんな要素が面白く感じ、どんな要素が面白くないのか客観的にご自分を分析してみてはどうでしょうか?

自分の強みを把握しておくことは、どんなビジネスをするにしろ大切な視点です。
自分のセンスから作り出される作品を自分のビジネスにする場合、
自分の魅力と他者の魅力の違いを知ることが大切です。
自分にある魅力を客観的に把握しウリポイントにして差別化していく。
自分の魅力をもっと磨くにはどうすれば良いのか?にフォーカスして勉強することをお勧めします。

画家として成功する事とはどんな事ですか?
例えば…
①自分の絵が高く売れる事?
②絵を見てたくさんの人の心を動かす事?
③絵を描いて企業の広告に起用される事?
あなたの画家になったという定義は何ですか?

SNSを味方につけてプロ意識を養う方法がある

> 正直、自分のイラストレーターや画家になるのは、たぶん、難しいんだろうなとどこか思っています。

相談者さんは、今すぐ画家やイラストレーターになれる方法があります。
それは今すぐイラストレーターや画家と名乗ることです。
次にSNSにご自身の作品を載せる。(もうされているかも知れませんが)

資格試験がある職業でも就職試験がある仕事でも無いですよね?
名乗れば今日から画家やイラストレーターと言える仕事です。

今の時代SNSという最強のツールがあります。
InstagramやTwitterに絵を載せてお仕事が来る人も少なくない時代です。
誰もが自分の発信ツールを持ち、自分の才能を世に出せる時代
誰もが自分の才能を今すぐビジネスにできる時代
どこにチャンスが落ちているのか分からないです。
使う手は無いと思います。

自信が無いとか、もっと勉強しなきゃという気持ちは横に置いておいて
まずは行動してみましょう。

継続していたら、いつの間にかファンがつくと思います。
難しいと思う前に、できることから行動してみるのをお勧めします。

未来がどうなるか誰も知ることはできません。
ただ、あなたにできる事は1日1日を積み上げる事。

「昨日」のあなたが「今日」を作り
「今日」のあなたが「明日」を作る
こんな風に積み上げた日々が「未来」を作る

あなたが描いている未来はどんな1日を積み上げたら叶いますか?

未来に向かって一歩一歩積み上げて自分を信じて夢に向かって突き進んでくださいね!

諦めなければ、夢は叶います!
夢は粘り勝ち!

コメント